インクスケープで袋文字(縁取り文字)をサクッと作る方法 - 初心者のメモ置き場

インクスケープで袋文字(縁取り文字)をサクッと作る方法

hukuromoji1.png

袋文字(縁取り文字)を作るソフトや袋文字フォントなどもあるようですが、
インクスケープを使って袋文字を簡単に作る方法をご紹介します。

まず、一番簡単に作る方法は、テキストを作成して、
そのテキストにストロークをつける方法です。

しかし、この方法だと、ストロークを太くした場合、
こんなことになってしまいます。


hukuromoji3.png

フィルが消されてしまうんですね。



ということで、これを解消する方法です。
http://news.mynavi.jp/articles/2008/05/02/inkscape/008.html
こちらのサイトで紹介されている方法で作ったのが、

hukuromoji4.png

これならはっきりした縁取りができます。



が、これにもうひとつ枠をつけたい!というときの作り方です。

hukuromoji2.png

まず、ストロークのないテキストを作成します。(上記の1)

それを2つ複製します。


複製したひとつにストロークをつけます。(上記の2)
このストロークは4pxに設定してあります。

そして残りのひとつにもストロークをつけます。(上記の3)
このストロークは7pxに設定してあります。

これらを左右と上下の中央合わせで重ねます。


重ねる順番は、
3を最背面に、その上に2、1が一番前面にくるようにします。

hukuromoji1.png

これで、このような文字ができあがります。


これに影をつける場合は、
3を複製してぼかしをつけ、最背面に配置して少し右や下にずらします。

hukuromoji5.png

こんな感じになります。


これにグラデーションなどを組み合わせると、いろいろなバリエーションが
できそうですね。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント
ありがとうございます。
わかりやすくて、とっても助かりました!
Posted by MARI at 2014年04月09日 15:57

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/248431529

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。