WordPressプラグイン「Google Maps Anywhere」の吹き出しをカスタマイズする - 初心者のメモ置き場

WordPressプラグイン「Google Maps Anywhere」の吹き出しをカスタマイズする

WordPress(ワードプレス)にグーグルマップを表示できるプラグイン「Google Maps Anywhere」を使ってみました。

日本製のプラグインなので、操作しやすいです〜

ダウンロードやインストール方法、使い方については、「WordPress Plugins/JSeries」さんからどうぞ。

で、このマップ、目的地にカーソルをあわせると「吹き出し」がわらわれるのですが、その内容をカスタマイズしてみました。


Google Maps Anywhereの吹き出し内で改行する方法



ワードプレス管理画面左側のメニューバー「プラグイン」の中にある「プラグイン編集」をクリック。

wpgm1.png

プラグイン編集画面が開くので、右上の「編集するプラグインを選択」のプルダウンメニューから「Google Maps Anywhere」を選び、「選択」をクリック。

wpgm2.png

右側にプラグインファイルの一覧が表示されるので、「google-maps-anywhere/js/google-maps-anywhere.min.js」をクリック。

wpgm3.png

ファイルが表示されます。
そのファイルの下の方に、


{f.openInfoWindowHtml(q,document.createTextNode(k))});



という記述があるので、下記のように書き直します。


{f.openInfoWindowHtml(q,k)*/,document.createTextNode(k)*/});



書き直したら「ファイルを更新」をクリック。

wpgm4.png

これで、Google Maps Anywhereのショートコード内にhtmlタグを記述できるようになります。


記事投稿画面のショートコードを記述すれば完了。

下の画像の青色部分にタグとテキストを入力しました。
改行だけでなく、太文字などもOKです。

wpgm5.png

ちなみに何もしなくても吹き出し内の文字は、中央寄せになります。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/219966558

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。